製品と用途 サービス オンラインサービス カタログ 納入実績 弊社について コンタクト アドバイザー ニュースとイベント 採用情報
 
  展示会情報
  プロダクト ニュース
プレス
    プレス情報
    プレス写真
    プレス窓口
  ケーザー・レポート
 
  

IFAT 2018:革新的な低圧ソリューション

 

pressinfo

極めて効率が高く、未来志向 - Industrie 4.0時代に対応するケーザー社の水処理用途用ブロワー今年のIFATに、定評ある圧縮空気の専門プロバイダーであるケーザー・コンプレッサー社は低圧範囲の革新的なソリューションを出展します。この展示会には、商業的に成功を収めたスクリューブロワーシリーズの新製品2モデルも出展されます。この大型モデルと小型モデルは、これまでのターボコンプレッサーの用途範囲に対応します。展示の目玉となるのは、多用途に対応するマスターコントローラーです。このコントローラーは多数のブロワーを簡単に制御し、極めて効果的に運転する能力を備えています。

最高1100 mbarの差圧と2.3~12.2 m³/分の流量範囲で圧縮空気を必要とする自治体や産業用の廃水処理施設には、7.5~22 kWの電力範囲で稼働するCBSスクリューブロワーが最適です。従来のロータリーブロワー比で最大35%効率が高く、現在市販されているスクリューブロワーに比べてエネルギー消費量を2桁も大幅に削減できます。CBSシリーズの強みは、特に連続運転時に発揮されます。そのため、廃水処理の曝気、バイオリアクター、浮選、流動化などの用途で空気を生成するのに最適です。

高性能のHBSスクリューブロワーは、132~250 kWの電力範囲、60~160 m³/分の流量範囲で、コンプレッサー技術の新たな基準となる製品です。比類ない制御性、極めて静音の運転、低メンテナンス、最適化された設置面積などの特長を備えるHBSシリーズは、ごく一部の範囲ではなく、ほぼすべての制御範囲で高い効率を発揮します。そのため、HBSシリーズは特にターボコンプレッサーに代わる魅力的な製品となっています。

もちろん、CBSおよびHBSのいずれのブロワーも接続するだけで始動できる完全機械で、シグマ・コントロール2スマートコントローラーと独立したモニタリング機能を備えています。

シグマ・エアー・マネージャー4.0マスターコントローラーは、各ブロワーの効率的な運転を実現しますが、一番のメリットは、すべてのブロワーを最適に調整して同時に運転し、最高の効率を達成する点です。そのため、このマスターコントローラーはブロワーステーションを最適に自動化するソリューションです。流量や使用圧力の目標値をプロセス制御システムに入力するだけで、シグマ・エアー・マネージャー4.0は各ブロワーの最適運転を達成する値を即座に計算します。多数のブロワーを同時に運転すると、部分負荷での効率が高まるだけではなく、明確なインターフェースにより、操作がさらに簡単になり、各機械に等しく負荷を配分して、効果がより高まります。

Gebläse CBSケーザー社ブロワーに採用されるロータリースクリュー技術:高性能のCBSシリーズは静音運転を実現し、エネルギーコストを節約します。

SAM 4.0シグマ・エアー・マネージャー4.0は、ブロワーステーションのすべての構成機器を最高の効率で監視・制御して、Industrie 4.0に備えて準備を万全に整えます。

 
KAESER home Sitemap
その他の情報
情報資料
ツールボックス

ico_contactお問い合わせ

Logo-fewer-CO2-emissions

back top
個人情報保護に関する方針, KAESER KOMPRESSOREN Co., Ltd. , info.japan@kaeser.com