製品と用途 サービス オンラインサービス カタログ 納入実績 弊社について コンタクト アドバイザー ニュースとイベント 採用情報
 
分析とコンサルティング
  一つ一つコスト減少
    エネルギー節約した圧縮空気システムへの正しい道
  アフターサービス
 
  

一つ一つコスト減少

 

ADA - KESS 詳細

圧縮空気需要量と運転条件が明確である場合、まず“設計”から始めます。必要な圧力、吐出空気量(FAD)、圧縮空気品質、電力消費、出力データ等。圧縮空気供給に関するすべてのパラメーターをインプットします。

ケーザー・コンプレッサー社のアプリケーションエンジニアはケーザー社の製品とその応用に関する豊富な知識と経験があります。

アプリケーションエンジニアは広い製品知識を熟知し、その専門知識をもって、電力コストを最小限に抑えます。

01   圧縮空気の実際の需要

圧縮空気システムを計画する場合、まず圧縮空気の実際の需要量を把握することから始まります。現状分析(Air Demand Analysis:ADA)を用いて、ケーザー社の専門家が実際の圧縮空気需要量を把握します。



02 電力消費量のチェック

シミュレーションされた各システムの実際の電力消費量とエネルギー効率の正確な数値を表示します。これがエネルギー効率を最適化した圧縮空気システムの次のステップへの基盤となります。


03 比電力の比較

実際の電力消費量と供給した圧縮空気量とを比較してはじめて、コンプレッサーのエネルギー効率を知ることが出来ます。この情報は種々のシステムの電力効率の比較を可能jにします。

04 最適な解決策の選定

ケーザー省エネシステム(Kaeser Energy Saving System:KESS)によって収集したデータを分析します。ケーザー・コンプレッサー社が開発した最新のソフトウェアは、ただ単に1つのソリューションを策定するだけでなく、様々な選択肢の中から最も効率的で経済的なソリューションを提案します。

05 正確な省エネ試算

ケーザー・コンプレッサー社が開発したADA とKESSは、様々なシステムオプションをもとに、エネルギー節約の可能性を正確に予測します。

06 抜群の信頼性

効果的な圧縮空気システムとは、常に最大限の信頼性を実現するシステムです。したがって、ケーザー社の専門家は、言うまでもなく、すべての圧縮空気システム設計が抜群の信頼性と性能を確実に提供できるよう常に心がけています。

07 コンピューターによる設計(CAD)

コンピューター 3D グラフィックスを用いて、ユーザーは据付以前の段階で、将来の圧縮空気ステーションを画面上でバーチャルに探索することが出来ます。CADで微調整を行い、現実に限りなく近い設計が可能です。

 
KAESER home Sitemap
その他の情報
測定、節減、評価
3D 図のサンプルプラン
ブロシュアー:
Questionnaire for Air Demand Analysis
Analysis and Advice

Download

ico_contactお問い合わせ

Logo-fewer-CO2-emissions

back top
個人情報保護に関する方針, KAESER KOMPRESSOREN Co., Ltd. , info.japan@kaeser.com