製品と用途 サービス オンラインサービス カタログ 納入実績 弊社について コンタクト アドバイザー ニュースとイベント 採用情報
 
  品質・環境管理
クロニクル
  所在地
  刊記
 
  

沿革

 

ケーザー・コンプレッサー・グループは、現在、世界トップクラスのコンプレッサーおよび圧縮空気製品のメーカーであり、5000人以上の社員を雇用しています。弊社は、世界100か国以上に優れた販売およびサービス組織を展開し、担当者を配置しています。ケーザー本社は、ドイツ、北バイエルン州コーブルグ市にあります。
ケーザーの製品は、事業規模にかかわらず、あらゆる製造部門の企業に使用されています。
以下に弊社の歴史の重要な節目を記載します。

s_ueber.jpg

  

ケーザー社の歴史

 

1919 年
当社は 1919 年 6 月 27 日にカール・ケーザー・シニアにより、コーブルグ市に機械工場として創設されます。当時は車やモーターの部品、特に歯車、そしてガラス産業の特殊な機械の生産をしていました。数年で、社員 150 人に成長します。
 
1948 年
第二次世界大戦後のドイツの分断に伴い、チュービンゲンにあった今までの顧客の大半を失い、新しい市場を西ドイツの南部に探すことになります。すでに持っていたモーター生産からのノウハウをもとに、市場の大きな需要に応じるため、コンプレッサーを製品プログラムに入れることに決定。ケーザー社によって開発された最初のレシプロ・コンプレッサーは、 1948 年に工場から出荷されます。その後、60 kW までのレシプロ・コンプレッサー全プログラムを完成します。
 
1973 年
会社創設者の息子であるカール・ケーザー・ジュニアが、次の戦略であるスクリュー・コンプレッサーの開発を始めます。ケーザー社のスクリュー・コンプレッサーの心臓部には、自社開発のエアエンドであり、新しい省エネルギープロフィール「シグマ・プロフィール」を装備します。この新しいスクリュー・コンプレッサーの生産は 1973 年から開始し、その後数年の間にケーザー社は、スクリュー・コンプレッサーメーカーとして、世界で主導的な立場を確立します。
 
1978 年
スイスに最初の子会社を設置するのに伴い、ケーザー社のグローバルなセールスおよびサービス組織の構築が始まります。
 
1982 年
フランスのコンプレッサー会社 Compresseurs Bernard の買収後、、建設業界用・可搬型スクリュー・コンプレッサー「Mobilair」を開発します。可搬型の工事現場用コンプレッサーは、現在もフランスのリヨンで生産されています。

1985
ケーザー創設者の孫であるThomas Kaeserが取締役に就任しました。

1991 年
ドイツ最古のコンプレッサー製造会社であるゲラ・コンプレッサー工場を合併し、オメガ・ロータリーブロアーを開発します。近代化の拡張を経て、その生産は 1993 年にゲラ市で開始されます。
 
1994 年
「SECOTEC」の開発により、全く新しい、省エネ冷凍式ドライヤーを開発します。最もモダンなドイツの冷凍式ドライヤーの生産は、 1994 年にゲラ市で開始されます。

1998 年
革命的なコンプレッサーコントロールシステム「シグマ・コントロール」を発表します。この自社で開発した、産業 PC 技術をベースにしたコントロールシステムは、ライフサイクルコストを減らし、機械の効率を向上させます。1998 年以来、ケーザー・スクリュー・コンプレッサーに装備されています。

2001 年
シグマ・コントロールの紹介に成功した後、圧縮空気システムの完全なコンピューター化を完成します。革新的な圧縮空気マネージメントシステム「シグマ・エア・マネージャー」は、圧縮空気技術において初めて、モダンな工業用コンピューターとインターネット技術を融合します。これにより、圧縮空気の信頼性、効率性、コストの透明性の増加への道が開かれます。

2002 年
春に、建設現場用コンプレッサーの新しい施設(MOBILAIR 工場)での生産を開始します。つまり、最新技術を駆使した二番目の建設現場用コンプレッサー生産施設が誕生しました。
ゲラ・工場は 創立125 周年記念を祝います。1877 年に、このゲラ・工場は、鋳造・旋盤・錠前工場として、ハインリヒ・レオ氏によって創立されます。また1890 年に、コンプレッサーを生産するドイツの最初の工場でした。1945 年までには、レオ・コンプレッサー社は、ドイツの主要なコンプレッサーメーカーへと発展しました。当時、レオ・コンプレッサー社は 市場の70% を占めていました。

2004 年
年初に、ケーザー・グループは、コーブルグ市の敷地内に新しい製品開発センターの落成式を執りおこないました。製品開発センターは開発技術者に最適作業条件を提供します。「革新的で顧客本位の製品を多く市場に出すのが、弊社の目的です。」とトーマス・ケーザー マネージング・ダイレクターはオープニングで言いました。
ケーザー・コンプレッサー社は、グループを通した物流業務に革命をもたらします。その中核を成すのが、全自動高ラック施設と新しいディストリビューションセンターです。これは増産への必要条件を満たすだけでなく、更なる納期の改善と顧客満足が期待されます。

2009
全代表取締役社長 Carl Kaeser Juniorが7月に95歳で死去しました。

2012
バイエルン州経済への功労により、Thomas Kaeserがバイエルン州の勲章を受章しました。ケーザーは世界中に4,400人を超える社員を擁し、そのうち約1,900人がドイツを本拠としています。

2013
4月:新たに開発されたSECOTEC TF 340省エネドライヤーは、その並外れた効率と最新技術により、ハノーバーメッセのイノベーション賞である名高いヘルメスアワードの最終候補製品に選ばれました。革新的な蓄熱システムにより、この新たなドライヤーは従来のドライヤーと比較して最高70%の省エネを達成しました。 

10月:新たな研究開発センターの礎石がゲーラ生産工場に構築されました。革新的な能力を維持し、更に拡張したいという意図が重要な原動力です。継続的な開発と革新により、圧縮空気乾燥以外の分野においてもケーザー・コンプレッサーが技術をリードする企業であり続けることを確実にします。 

11月:欧州会社(Societas Europaea)に移行したことにより、ケーザー・コンプレッサーはその国際的戦略をさらに強固なものにしました。ドイツにルーツを持つ家族経営企業は、世界中のあらゆる場所に向け、ケーザー社が提供するすべての製品にメイド・イン・ドイツの品質を提供することに誇りを持っています。取締役会は、工学修士Thomas Kaeserおよび工学修士Tina-Maria Vlantoussi-Kaeserにより構成されています。

2014
コーブルク工場に新設する2つの生産工場と事務所の起工式を行いました。

 
KAESER home Sitemap
その他の情報
情報資料
ツールボックス

ico_contactお問い合わせ

Logo-fewer-CO2-emissions

back top
個人情報保護に関する方針, KAESER KOMPRESSOREN Co., Ltd. , info.japan@kaeser.com