ケーザー社は、エアー売り契約方式で圧縮空気をC.A. Picard社に供給しています。
C.A.Picard社

無応力シートメタルを製造業に提供

ケーザー社は、契約枠組内で圧縮空気をC.A. Picard社に供給しています。

Picard社では大量の圧縮空気を使って、耐摩耗工具と押出成形機を生産しています。ケーザー社との契約は、極めてコスト効率の高い調達方法です。

C.A.Picard社は、石灰石産業と鋳造所向けの耐久性の高い機械工作工具部品製造で有名です。このほか、独自の性質と摩耗特性を示すスタンピング工具や電子産業向けプレス工具なども生産しています。

Piccard社は「無応力」を追求しています。圧延工場からプレートとして直接納入されるシートは、まず圧延工程で必ず発生する張力を緩和する必要があります。これには圧縮空気が必要です。Piccard社では、圧縮空気を常時利用します。焼き入れ、研削、フライス加工、組み立てのどの用途でも、圧縮空気なしでは作業が立ち行きません。特に、研削盤には最大の圧縮空気が必要であり、各機にエアーレシーバーが装着されています。圧縮空気駆動の研削盤上で、被削材が可能なかぎり薄く研削されます。

新しいコンプレッサーはすべて順調に稼働していますが、騒音を抑えることは可能でしょうか?

容量はすべて活用されています。古いコンプレッサーの一部が要件に合わなくなり、新しい機器と入れ替えが必要になりました。しかし、懸念の声が数多く聞かれました。強力な機械を新たに導入すると、現状よりも騒音がひどくなるとの懸念でした。

しかし、ケーザー社の製品の超静音性能により、懸念の声もすぐに収まりました。実際に、隣接する作業場の騒音がケーザー社のコンプレッサーよりもはるかに大きいくらいです。新しいコンプレッサーはシグマ・エア・マネージャーにより制御されるため、最高のエネルギー効率を達成し、ごく静音で圧縮空気を供給します。新しい圧縮空気システムは、焼き入れ工場のすぐ隣に設置されました。省エネの冷凍式ドライヤーを装備するケーザーASK 47-Tロータリースクリューコンプレッサー3基から、工場全体に圧縮空気を供給します。

シグマ・エア・ユーティリティー契約 - メリットの大きい賢いパッケージ。

ケーザー社のシグマ・エア・ユーティリティー契約には、以下のメリットがあります。支払は利用した圧縮空気分のみで済みます。投資コストはかからず、圧縮空気システムを貸借対照表に資産として記載し、圧縮空気コストを設置直後から営業費用として計上できます。もう1つのメリットは、運転とメンテナンス作業に自社の人員を配置する必要がない点です。ケーザー社は、お客様のシステムが最高の効率と信頼性で運転できるよう、継続的に協力します。継続的なプロセス。