現状分析 - Air Demand Analysis(ADA)

特定しました!- 発生するコストと節減機会

当社の現状分析(ADA、Air Demand Analysis)を使って、お客様のシステムの消費プロファイルを高い精度で作成し、お客様の実際の空気需要を判定します - 判定は運転セクターすべてを対象に、異なるロードで実施します。

  • さらに、既存のシステムの弱みも報告します。
  • サイズの合わない機器も特定します。
  • エネルギー節減の可能性を試算し、最適の圧縮空気システム導入に向けて下準備をします。

新システム導入を考えている場合でも、既存システムの効率をテストしたい場合でも、最大限の条件を考慮します。

ADA - 最先端の測定装置

測定装置
最新技術を採用して、正確にコンピュータ支援による評価を実施します。

空気需要分析

電力消費量
送電系から実際にシステムに引き込んでいるエネルギー量はどれくらいですか?

空気需要を詳細まで分析

ADA 2
ADA - 2測定装置

お客様の現場に、10日間のリース制で測定装置を据え付けいたします。

オプトカプラーは、無故障でADAデータロガーへ確実にデータを転送します。ADAデータロガーはコンプレッサーのロード/アイドル情報を記録します。

測定装置は周波数制御のコンプレッサーをはじめ、各種コンプレッサーに最適です。

ADA 20/30測定装置
ADA 20 - 30測定装置

レンタル制で据え付けられるADA 20は、常に差圧を測定して空気流量を記録します。

データロガーで保存されている情報は、効率的なシステムを最適化するための基本的な情報となります。

圧縮空気分配システムに恒久的に取り付けられるADA 30は、測定データ処理装置によって、データを随時呼び出すことができます。

ADAデータロガー:最低限の労力で高精度のデータ
ADAデータロガー

最新のデータロガーを採用した圧縮空気監査では、ケーブルネットワークに直接アクセスする必要がないため、最低限の労力で圧縮空気システムの効率を確保します。

シグマ・エアー・マネージャーによる圧縮空気監査
シグマ・エア・マネージャーによる圧縮空気監査

オプションのシグマ・エアー・コントロール可視化ソフトウェアをシグマ・エアー・マネジャーマスターコントローラーと組み合わせると、各コンプレッサーのロード/アイドル性能、デューティーサイクル、電力消費を連続的に測定できます。

圧縮空気に関する全情報は、インターネットブラウザを介して標準のPC上で参照したり、圧縮空気の運転制御用にエクスポートすることができます。測定データは、詳細な圧縮空気監査にも利用できます。