Industry 4.0 – 未来の幕開け

スマートな空気

議論の余地はありません。第4次産業革命がすでに幕を開けています。当社の「Industrie 4.0」コンセプトをもとに、お客様個別の圧縮空気供給をデジタル的に計画、導入、運用、最適化します。これまでにない効率でスマートな圧縮空気を提供します。

ケーザー・コンプレッサー社は、圧縮空気セクターにIndustrie 4.0ソリューションを提供しています。

スマートな理由

極めて柔軟性の高い「Industrie 4.0」生産環境では、インテリジェントにネットワーク化されたケーザー社の圧縮空気システムがあらゆる用途の要件に合わせて必要な量の圧縮空気を高い品質で確実に提供します。さらに、圧縮空気ネットワーク内の潜在的問題をごく初期の段階で検出するため、故障の発生前に適切なメンテナンス対策を手配することができます。これは、リアルタイム情報により実現します。そのため、全体的に生産効率と柔軟性が高まります。

圧縮空気4.0の中核

シグマ・エアー・マネージャー4.0と4つの主な利点:

  • 圧縮空気制御を可変調整して、カスタマイズした連続生産を実現。
  • 継続的なリアルタイム監視と最適化を通じて最高の効率達成
  • 遠隔診断と予知保全により、危機的な状況を回避して、稼働時間を最大限に延長
  • 各種インターフェース、簡単なアップデート、ISO 50001に準じたエネルギー管理を統合して、将来を考慮した設計実現

SIGMA AIR MANAGER 4.0 compressed air management system from Kaeser Kompressoren

質疑応答

ケーザー社のデジタルネットワークはどの程度安全ですか。

  • コンプレッサー性能データは、非公開のシグマ・ネットワーク経由でのみ転送されます。第三者によるデータアクセスは不可能です。仕様がドイツ連邦情報保安局(BSI)の推奨事項を満たしています。
  • シグマ・エアー・マネージャー4.0の自動異常管理は、停電中も稼動します。停電の発生時には、コンプレッサーは独立制御に切り換えられます。

予知保全を行う利点は何ですか?

  • 圧縮空気供給システムの需要に柔軟に対応するには、柔軟なメンテナンスが必要です。定期的なメンテナンス周期に頼みの従来のメンテナンスには、限界があります。さらに、実際の需要に応じて柔軟にメンテナンスを実施すれば、コストを節減できます。
  • シグマ・エアー・マネージャー4.0は、運転パラメーターと周辺パラメーターをケーザー・データーセンターに常にリアルタイムで提供します。特別にプログラムされた専門ツールを利用すれば、異常を早期の段階で検出できるため、コストのかさむダウンタイムを防止できます。

継続的な性能データ分析により、システムにどのような効果があるのですか。

  • エアーエンドの吐出温度、圧力下露点、差圧など、重要な運転パラメーターを監視すれば、圧縮空気システムの効率を常に適切な範囲に維持することができます。
  • リアルタイムで転送および分析するため、常に最新の情報が提供され、生産に急な調整が生じても反映されます。
  • 常に最適のタイミングで故障となる要因を検出できるため、それに応じて必要な対策を講じることができます。