管理プロセス - 経営幹部の責任

管理プロセスでは、ケーザー・コンプレッサー株式会社の経営幹部による会社統制/管理の方法、人事計画作成の方法、現行法順守の方法を説明します。そのため、開発されたQUSEMシステムは、実装後も継続的に改善されてきました。システムの有効性は、必要なリソースを用意することにより保証されます。

そのため、品質監査を定期的に実行しています。経営幹部は内部監査の結果、顧客の反応やフィードバック、評価、予防措置および是正措置を分析して、QUSEMシステムに関して以下が評価されます。

  • 妥当性、
  • 適切性、
  • 有効性。

経営幹部による監査結果をもとに、手順と製品の改善(品質管理システムによる継続的改善プロセス)、より効果的なリソース活用(環境およびエネルギー管理システムによるCIP)を実現すべく、対策が講じられます。

従業員の連絡窓口となるのは、所属部門と子会社の上司とQUSEM担当者で、以下を確実に実施する責任があります。

  • 当社ポリシーに規定される要件を満たす
  • 当社の(品質、環境、安全、エネルギーに関する)目標が理解され、すべての会社レベルで順守され、実現すべき条件を提示する
  • 指示に準じてプロセスを実施する
  • 必要に応じて、システムを改善する