コスト効率の良い25バールまでの圧縮エアー生産

  圧縮エアーは車の修理工場に多目的の、コスト効率の良いエネルギー源を提供します。普通の「ショップエアー」と呼ばれる約6バールのエアーの供給以外に、多くのユーザー、特に車修理ショップではさらに高圧の25バールのエアーを必要とする作業もあります。

ブースターレシプロコンプレッサー
タイトル 新しいN60 Gでコスト効率良く、省エネルギーで25バールまでの圧縮エアーを車修理ショップなどで作れます。

バスやトラックのタイヤー空気入れ、ブレーキテストのコントロールエアーもその中に含まれます。一般にはこれらの需要に対応する最も経済的な手段はスクリュー回転式コンプレッサーで6バールのエアーを作り、それをさらにブースターで必要な高圧に圧縮します。N60 GはKaeser がブースターとして提供する、この使用目的では最もコスト効果の良い製品です。
この新しい2.2kW駆動付きシングル・シリンダー・ピストン式コンプレサーは比較的低スピードの1040rpmで、ショップエアーを約5バールで吸入し、これを最終圧力の25バールまで一分間280リットルの割合で生産します。効率の高いオイル潤滑システムを使い、前、最終圧力モニターを取り付けることが出来ます。低メンテナンスのVベルトがモータからコンプレッサーブロックの滑車へ効率良いトランスミッションを提供すると同時に、シリンダーヘッドへ冷却空気を送るファンとしての機能も持っています。充分にゆとりのあるアフタークーラーがブースターのエアー温度を作業コンポネントの処理に適した温度に下げます。N 60 GブースターとKaeserスクリュー回転式あるいはレシプロケート・コンプレッサーがコスト効率の良い、省エネ、そして高信頼度で、5バールの圧縮エアーを上記のあるいはその他の使用目的に供給します。

12. 09. 02 , 公表自由、転写歓迎

この記事の関連情報をダウンロード
ブースターレシプロコンプレッサー

タイトル 新しいN60 Gでコスト効率良く、省エネルギーで25バールまでの圧縮エアーを車修理ショップなどで作れます。

画像のダウンロード 1 (JPG, 225 KB)