Eurocompレシプロコンプレッサー

ケーザー社の「Eurocomp」(EPC)コンプレッサーは、供給需要が少量のユーザーや継続的な圧縮空気供給を必要としないユーザーにとって、非常に費用効果の高い効率的な圧縮空気ソリューションを提供します。また、これらの定置レシプロコンプレッサーはコンパクトに設計されているため、スペースに制限のある作業場や産業環境に最適です。

EPCレシプロコンプレッサー
「Eurocomp」レシプロコンプレッサーは、少量の高品質圧縮空気を必要とする作業場にとって、費用効果の高いソリューションとなります。

圧縮空気需要が低ければ、1立方メートルあたりのコストが高くなると多くの人が思っていますが、必ずしもそうではありません。必要なのは、圧縮空気用途の具体的なニーズを満たす圧縮空気システムです。例えば、作業場では、様々な作業において定置圧縮空気供給システムが適しているけれど、圧縮空気を継続的に一定供給したり、24時間いつでも圧縮空気を利用できる状態にしておいたりする必要がない仕事もあります。このような場合に、ケーザー・コンプレッサー社の代表的なレシプロコンプレッサーである「Eurocomp」(EPC)シリーズが真価を発揮します。様々な型式を利用できるため、作業場での極めて特殊なニーズでも満たすことができます。

全てのEPCコンプレッサーは、ケーザー社が提供する高品質のドイツ製コンプレッサーブロックを装備しています。また、高品質の材料と精密な組み立てにより優れたパフォーマンスと高耐用性を保証します。さらに、効率的なアルミニウム製のリング型アフタークーラーにより、圧縮空気の温度を最低限に維持し、また特殊な設計により不用意な接触を効果的に防ぐことができます。モーターとコンプレッサーブロックは、高効率の実現と運転費用を最小に維持するために直接連結します。

また、職場内にコンプレッサーを直接据え付ける必要のある作業場用に、防音機能を追加したバージョンもオプションとしてご用意しています。これにより、低速運転によってすでに低い騒音レベルをさらに10 dB(A)下げることができます。防音カバーも必要に応じて後付けできます。

コンプレッサーユニットとエアーレシーバーの間及びエアーレシーバーと床の間で2重に振動減衰を行うことで、これらの多目的システムは職場内でスムーズに機能します。

垂直型のエアーレシーバーは、特にスペースが限られた作業場で使用するのに適しています。これらは最大1000 l/分の吐出空気流量能力がありますが、設置面積は1 m²未満です。EPCシリーズは全て、最大使用圧力10 barで150~1500 l/分まで又は15 barで1000 l/分までの吐出空気流量を処理できます。要件に応じて、各型式は、90、250、350、又は500リットルのエアーレシーバー容量が付いたものをご用意しています。
このため、「Eurocomp」シリーズは、エネルギーの節約、優れた費用効果、環境にやさしい圧縮空気供給に必要なものを全て提供することができます。また、即時運転できる状態で納品されます。

18. 08. 10 , 公表自由、転写歓迎

この記事の関連情報をダウンロード
EPCレシプロコンプレッサー

「Eurocomp」レシプロコンプレッサーは、少量の高品質圧縮空気を必要とする作業場にとって、費用効果の高いソリューションとなります。

画像のダウンロード 1 (JPG, 353 KB)