ケーザー社の「Premium Car」ワークショップコンプレッサー

建設や修復作業を行うときは、過酷な条件にさらされることがよくあります。このため、現場の作業員たちは状況に応じて自分たちを守ります。しかし、コンプレッサーには、どのような保護機能があるでしょうか。これについて、ケーザー社では新しい「Premium Car 250/30 W」を設計する際に慎重に考慮しました。そして、確実にその課題に対応するシリーズとして構築しました。

Premium Carレシプロコンプレッサー
ケーザー社の「Premium Car」レシプロコンプレッサーは、最も厳しい使用条件に対処するように設計されていて、圧縮空気を効率的に安定生産できます。


高耐久設計のケーザー社「Premium Car」型式は、建設現場や過酷な使用条件下で使用するのに最適な小型コンプレッサーです。コンプレッサーユニットと取付部品は、一体型の輸送用ラグと頑丈なカバープレートによって外的な損傷から保護されています。「Premium Car」シリーズは、利用可能な吐出空気流量が150~660 l/分、駆動力が1.1~3 kW、エアーレシーバー容量が16~70リットルであり、様々な圧縮空気用途に完璧に対応します。
しかし、過酷な条件に対処するために構築されたのはフレームとカバープレートだけではありません。これらのコンプレッサーの中核部分も耐久性と性能を重視して設計されています。レシプロコンプレッサーシステムは、単一のハウジング内に駆動モーターとコンプレッサーブロックの両方を組み込んだ、高効率の冷却性能を持つ小型でメンテナンスが簡単なユニットから成っています。特別に設計された電気モーターは、電力ケーブルが長いために電圧不足になった場合でも大きな力を供給します。つまり、標準的な230 Vの電源コンセントで延長ケーブルを使用することができます。最も強力な型式である660 l/分のバージョンだけが、三相接続を必要とします。


コンプレッサーの高品質シリンダーは、最大の耐久性を保証するために特別な仕上工程を使用して機械加工されています。これをステンレス鋼製のリードと移動範囲制限器を備えた耐腐食性のバルブとの組み合わせで、優れた信頼性、最小限のメンテナンス要件、及び高耐用性を実現します。


全ての「Premium Car」型式は小型で運用時の重量が軽いため、簡単に輸送することができ、標準サイズの自動車のトランクに難なく収容できます。これに加えて、コンプレッサーは重心が低いため、高速でコーナーを曲がっても、輸送中にユニットがひっくり返ることはありません。作業現場に到着したら、コンプレッサーは、輸送用のグリップとホイールを使用して必要な場所に移動するだけで、すぐに使える状態になります。

 

28. 06. 10 , 公表自由、転写歓迎

この記事の関連情報をダウンロード
Premium Carレシプロコンプレッサー

ケーザー社の「Premium Car」レシプロコンプレッサーは、最も厳しい使用条件に対処するように設計されていて、圧縮空気を効率的に安定生産できます。

画像のダウンロード 1 (JPG, 407 KB)