EBSロータリスクリューブロワー:優れた効率性

特に水道業界を考慮して設計されたKAESER EBS 410ロータリスクリューブロワーは、ドライ式ブロワーの技術開発における新たなマイルストーンを確立しました。

EBSブロワー
EBSシリーズロータリスクリューブロワーは、優れた効率性とコンパクトな設計により、他の追随を許しません。

革新的なEBS 410は、流量10~40 m³/min、圧力差0.3~1.1、22~75 kWから選択可能なモーターにより、エネルギー効率、省スペース設計、自動化に関する新たな基準を打ち立てました。

SFCバージョンには、周波数変換器および同期リラクタンスモーターが搭載されています。同期リラクタンスモーターは、高効率な永久磁石モーターと、堅牢で保守の容易な非同期モーターのあらゆる利点を組み合わせたスリップフリー設計です。可変速制御により、必要に応じて流量を調整することができ、1:4の制御範囲が達成されます。この制御範囲により、きわめて力強い運転が可能です。

STCバージョンには、省エネルギー型のIE4スーパープレミアム効率モーターが搭載されており、エネルギー消費を抑え、コストを削減することで、これまで以上に優れた効率を実現します。

どちらのバージョンも、モーターからエアーエンドへの出力伝達は、損失の少ないメンテナンスフリーのギアを介して行われ、従来モデルと比べて、特定の出力において最大8%の効率改善を達成しています。完成機は最大80%の等エントロピー効率を達成し、ドライ式機器として最高の性能を示しています。規定性能数値を実用のものとするために、KAESERはISO 1217-C/E標準の厳格な許容値に従って性能を保証しています。

また、制御範囲全体で一定の効率を維持することにより、流量は実質的に圧力変動の影響を受けません。これにより、ブロワーはマスターコントロールシステムを介して常に正確に制御、調整されます。その結果、さらに大幅なエネルギー節約が実現し、他の制御技術との統合も簡単です。

新型モデルには、それぞれ最大37 kWと75 kWの2種類があります。人目をひく最新のデザインに加えて、隣り合わせの設置が可能なため、大幅な省スペースを実現し、他の追随を許しません。特に37 kWバージョンは、2.2 m²のきわめてコンパクトな設置面積が特長です(75 kWバージョンは2.6 m²)。

EBS 410ロータリスクリューブロワーには、コントローラー、周波数変換器、スターデルタスターターが付属しており、すぐに接続可能な状態で納品されます。すべてのユニットはCEおよびEMC認証取得済みで、オペレーター、プランナー、製造メーカーに必要な計画、システム構築、認証、文書化、試運転に関するコストを最小限に抑えます。以上に加えて、きわめて効果的な騒音および脈動減衰機能により、非常に静かな運転をお約束します。

24. 06. 20 , 公表自由、転写歓迎

この記事の関連情報をダウンロード
EBSブロワー

EBSシリーズロータリスクリューブロワーは、優れた効率性とコンパクトな設計により、他の追随を許しません。

画像のダウンロード 1 (JPG, 722 KB)