ターボブロワー:オイルフリー、高効率、高信頼性

KAESERのPillAeratorターボブロワーは、生物学的な水処理用途において、空気が多く必要とされる曝気処理には最適です。最先端のテクノロジーを使用して、エネルギー効率と信頼性に優れた運転を実現し、ライフサイクルコストを削減します。

ケーザー・コンプレッサー社のターボブロワー
非接触、無潤滑の磁気ベアリングのため、KAESERのPillAeratorターボブロワーは非常に効率的で、まったく摩耗しません。

流量50~275 m³/minと最大差圧1.3 barの条件下で、KAESERのターボブロワーは低圧処理の空気が必要な場所ではどこでも使用できます。ターボブロワーは、工業排水の処理場および都市の下水処理場において、曝気に必要な大量の空気を送り込むのに最適なソリューションです。浮揚、発酵、流動化、エアナイフ用の送風空気の発生など、他の産業用途にも同様に適しています。

この機械は非常に効率的なだけでなく、インテリジェントにも設計されています。ターボ羽根車は、磁気ベアリングで支持されたシャフト内の高速モータによって直接駆動されるため、機械は全く摩耗しません。つまり、潤滑剤を必要とせず、メンテナンス時の時間とコストを節約できます。スマート磁気ベアリングは予期せぬ停電から保護されており、運転のパラメータが変動してもローターの位置を軌道内に維持するよう自発的に制御します。ベアリングは回転数とは独立して動作するため、広い制御範囲が可能です。

主要コンポーネントの冷却は、外気とは独立して行われます。そのため、微粒子の侵入から保護され、長期的な連続運転が保証されます。PillAeratorターボブロワーが常に最適な効率で動作できるようにするために、異なる圧力範囲用のブロアーが3種類用意されています。L(600 mbar)、M(800 mbar)、H(1,000 mbar)です。特殊な用途では少し高い圧力が必要です。

13. 07. 20 , 公表自由、転写歓迎

この記事の関連情報をダウンロード
ケーザー・コンプレッサー社のターボブロワー

非接触、無潤滑の磁気ベアリングのため、KAESERのPillAeratorターボブロワーは非常に効率的で、まったく摩耗しません。

画像のダウンロード 1 (JPG, 734 KB)