シグマ・エアー・ユーティリティー:圧縮空気を購入するだけ!

必要に応じて、圧縮空気を最高の効率で供給でき、しかも支払は消費した量のみです。圧縮空気システム一式を購入するのではなく、実際に使う量だけ圧縮空気を購入する - これが簡便で費用対効果の高いシグマ・エアー・ユーティリティー契約モデルです。

Sigma Air Utility
契約ソリューションでは、圧縮空気システムはシステムプロバイダーの資産です。お客様は実際に消費した圧縮空気量に対して支払いをするだけで済みます。

従来の圧縮空気システムを運転する場合に比べて、ケーザー社のシグマ・エアー・ユーティリティーをはじめとする契約モデルには様々な利点があります。この契約を通じて、お客様は費用対効果が高く、省エネの圧縮空気供給の利点を即座に得られ、しかも設備に対する初期投資は不要です。お客様の要件と指示に従って、ケーザー・コンプレッサー社が計画、設置、運転を請け負います。そのため、圧縮空気システムに対する投資を100%節約でき、メンテナンスや整備作業への人員の配置や資金の負担もありません。さらに、契約モデルは税金の面でも大きなメリットがあります。圧縮空気を単位容量当たりの定額契約で入手でき、固定費が変動費となるため、税金として即申告できます。最大手の圧縮空気ソリューションプロバイダーとして、ケーザー・コンプレッサー社は常に最高の空気システム効率と信頼性を保証します。当然ながら、ケーザー社は変動する運転条件に対応して継続的にシステムを調整し、最新の革新的技術を取り込むことも視野に入れています。

このモデルは、メンテナンス面でさらに大きな利点があります。ケーザー社のシグマ・エアー・ユーティリティー契約により提供された圧縮空気システムは、シグマ・エアー・マネージャー4.0コンプレッサーコントローラーとケーザー・サービス・センター接続を通じて常に監視されます。これにより、最高の効率と利用可能性で圧縮空気を供給し、生産の信頼性も向上します。

圧縮空気システムを導入するのではなく、求められる品質の圧縮空気を必要な量だけ購入すると、コストの透明性が高まり、ビジネスにも大きなメリットがあります。複雑な計算は不要で、圧縮空気を将来にわたって契約で合意した単位容量当たり定額で利用できるため、確実に計算できるようになります。契約期間中の基本価格には、システムと運用経費および基本容量の圧縮空気使用料が含まれます。消費量が契約量を超えた場合、契約で合意した超過料金が適用されます。正確な測定により、システムで実際に利用された圧縮空気量のみに課金されます。

エネルギー効率をすぐに改善したい場合には、シグマ・エアー・ユーティリティーが圧縮空気供給に非常に魅力的な選択肢です。この場合にもその他の場合にも、アウトソーシングが見事な解決策となります。

シグマ・エアー・ユーティリティー圧縮空気契約による節約効果は、状況により異なります。圧縮空気契約に乗り換えた場合、通常、契約パートナー側に新品の圧縮空気システムを設置して、エネルギー節約の可能性を確実に追求します。圧縮空気コスト削減の度合いは、交換前のシステムにより異なりますが、長期的には30%以上の節約を達成できることも珍しくありません。

12. 04. 17 , 公表自由、転写歓迎

この記事の関連情報をダウンロード
Sigma Air Utility

契約ソリューションでは、圧縮空気システムはシステムプロバイダーの資産です。お客様は実際に消費した圧縮空気量に対して支払いをするだけで済みます。

画像のダウンロード 1 (JPG, 353 KB)