テレサービスはコンプレッサーの供給性と経済性を向上させます。

今日、多くの産業で圧縮空気が常時供給されることが要求されます。従い、テレサービスは圧縮空気の供給でも益々その重要性を増しています。Sigma Tele Care の名称でケーザー・コンプレッサー社では遠隔診断と需要ベースの予防的メンテナンスの組合せのサービスを提供します。

テレサービス
モダンなコンプレッサー技術とデータコミュニケーションをベースとする圧縮空気ステーションのテレサービス、「Sigma Tele Care」はさらに低コストな圧縮空気の供給性を高めます。

圧縮空気ステーションの使用寿命期間において、購入経費は運転経費に比べて比重ははるかに低いのです。投資経費は企業そして使用度にもよりますが 10 から 20% 程度です。寿命サイクルコストの 80 から 90% はエネルギーとメンテナンスそして保全作業に支払われます。これがケーザー社がコンプレッサーのテレサービス能力を探求した主な理由です。産業 PC 制御「シグマ・コントロール」の付いたケーザー・コンプレッサー社でしたらどれでも直接、あるいは適切なメインコントローラーと連結してケーザー・データネットにロッグインすることができます。この様にして、ケーザー社の専門家は運転状況を常に観察し、その時の圧縮空気の需要に合わせ、圧縮空気ステーションの運転パラメーターをサービス人員に変更させることができます。そうすることにより常にエネルギー的に最も経済的な範囲で仕事をすることができます。常に監視することで予定されるメンテナンスを人材、材料的に効率的に計画することも可能です。それにより部品をフルに使いきり、寿命サイクルコストを低下させることができます。

関係運転データを全て送ることで、圧縮空気ステーションは、例えそれが地球の反対側にあっても常に最良のパートナーであるケーザー社のサービスセンターの管理下にあります。現在のサービス技術者は機能エラーが出ると、伝導されたデータにより正確な診断を下し、必要な部品を直ぐに指摘することができます。高度な情報の質と実際の機械運転時間に合わせたサービス活動が、故障による中断時間が出たとしても、それを短く保ちます。

「インテリジェント」な製品とグローバルなデータネットワーク、実力のあるパートナーそしてコスト最善化を目指す会社精神のコンビネーションが結論として「Sigma Tele Care(Teleservice)」を選びます。このサービスには単独の機械あるいは圧縮空気システム全体であるかに関わらず、ケーザー社が提供するすべてが組み込まれています。

圧縮空気ユーザーの専門家とテレサービス・センターの製造会社側スペシャリストはコントロールシステム
「シグマ CC」(CC=Control Center)を通して、「シグマ・コントロール」の中に必ずあるイベントメモリーおよびメインコントローラーの中に保管されている情報にアクセスすることができます完全な運転データの保存記録を使い、問題があったときには迅速にその解決が可能です。この様にして、現場を経費と時間をかけて訪問することが不要になります。

これを使い圧力の変動のフォローチェック、一定時の圧縮空気の消費量、現在の運転温度そして全ての機械の温度カーブの呼び出し、個々のコンプレッサーの圧力差の検査、メンテナンスまでの残りの時間をなどを知ることができますさらにステーションの使用状況の情報、運転/負荷/無負荷運転の時間、部分的負荷運転時の運転の様子、コンプレッサーの運転状況がいつでも呼び出せます。

18. 03. 02 , 公表自由、転写歓迎

この記事の関連情報をダウンロード
テレサービス

モダンなコンプレッサー技術とデータコミュニケーションをベースとする圧縮空気ステーションのテレサービス、「Sigma Tele Care」はさらに低コストな圧縮空気の供給性を高めます。

画像のダウンロード 1 (JPG, 223 KB)