ケーザー・コンプレッサー社の100年:革新の伝統

コーブルグの圧縮空気専門メーカーであるケーザー・コンプレッサー社の歴史は、実に驚くべき物語です。多くの企業がケーザー社の100周年を祝っていますが、必ずしもすべての企業がこれほど持続的かつ継続的な発展を遂げることはできません。では、その内情を見てみましょう。

Firmenansicht Hahnweg
コーブルグのハーン通りの創業地、カールケーザー通りの最初の社屋から現在の規模(写真ではその一部のみ)まで、ケーザー・コンプレッサー社は大きく成長しました。

ケーザー社は、100周年を迎えた2019年現在も、世界各地で事業を展開しています。しかし、一般の人々が圧縮空気専門メーカーの製品を間近に見る機会はほとんどありません。時として、道路建設作業現場で、黒と黄色の魅力的な設計の可搬式コンプレッサーを見ることがあるかもしれません。圧縮空気システムは通常、屋外から見えません。しかし、ケーザー社のコンプレッサーは、オーストラリアの発電所やペルーの金鉱山にも設置されており、米国の航空宇宙エンジニア、ノルウェーの養魚場、ドイツの自動車メーカー、スイスCERNの粒子加速器、オーストリアのスキーゲレンデ、アラビアの油田、アジアの織物工場などでも利用されています。圧縮空気は、電力と同様に不可欠です。工業生産ラインを持つ企業では、圧縮空気がなくては立ち行きません。現在、ケーザー社は世界各地に事業を展開しています。職人の作業場から大規模な工業まで、さまざまな規模のお客様に対応しています。

すべては、コーブルグハーン通りの小さな工場から始まりました。1919年6月、Carl Kaeser Sr.が従業員8名と実習生2名のチームとともに、自動車用のスペアパーツとエンジン、ならびにガラス産業用ギアホイールと特殊機械の生産を始めた旧社屋は、今も残っています。ビジネスは活況でした。設立から数年間で、社員数は150名強まで増加しました。第二次世界大戦後、ほぼすべての顧客は国境の向こう側のチューリンゲンとザクセンを本拠としていたため、ほぼすべての顧客基盤が消滅しました。自動車に関する専門知識を活用して、生産をスムーズに調整して、同様の製品であるレシプロコンプレッサーに移行しました。これより、ケーザー社は圧縮空気を重点事業としてきました。1948年、ケーザー社はハーン通りの生産ラインで初のレシプロコンプレッサーの生産を始め、それ以来進化を続けています。

1960年代半ば、さらなる課題が発生しました。振り返ると、これがおそらくは最初の技術シフトだったかもしれません。それは、スクリューコンプレッサーの発売でした。ケーザー社は再び、独自の発明で変革を推進しました。シグマ・プロフィールの誕生です。シグマ・プロフィールは、自社開発のロータリースクリューエアーエンドです。この製品は、当時画期的だったエネルギー効率に優れたロータープロファイルを備えています。それ以来、シグマ・プロフィールはケーザー社のロータリースクリューコンプレッサーすべての核となる構成部品です。言うまでもなく、製品は継続的に改良されています。スクリューローターは、らせん状のローブがあるスパイラルと相互に接続されています。

この革新を重んじる精神は、今日も社内全体に浸透しています。革新的な精神を通じて、圧縮空気技術を継続的に革新して、ハードウェア、ソフトウェア、サービスに等しく適用しています。冷凍式ドライヤーから革新的なコントローラー(シグマ・エアー・マネージャー4.0)まで、可搬式コンプレッサーから基本的に圧縮空気のみを購入するというまったく新しいビジネスモデル、デジタル化、インダストリー4.0まで、革新的で最高品質の製品とサービスにより、ケーザー社はコスト効果、信頼性、効率の各面で優れた圧縮空気の使用により、常に業界をけん引しています。ほとんどの生産施設はドイツにある一方、販売とサービスは世界各地で展開しています。

当初の国際展開は、当社の成長に極めて重要な側面でした。1978年に最初の支社をスイスに開設し、その後オーストリアとフランスに次々と支社を開きました。現在、ケーザー社と50を超える支社、ならびに独占契約パートナーが100ヵ国を超える国で製品を販売しています。ケーザー・コンプレッサー社は、世界各地に6,000人を超える従業員を擁し、その多くは数十年にわたって誠実に勤務しています。

以上はどのように達成されたのでしょうか?ケーザー社の成功の秘訣は、革新に対するゆるぎない情熱、工学に関するしっかりとした専門知識、顧客との緊密な連携、顧客ニーズの認識です。これと同時に、優れた品質基準、高い常識レベル、そして何よりも不可欠な要素であるすばらしいチームや家族との強い絆を兼ね備えています。しかし、家族とはオーナー一家に限定されません。現在、3世代目のThomas KaeserとTina-Maria Vlantoussi-Kaeserが経営に携わり、その息子である4世代目のAlexander Jan Kaeserは、最近取締役に就任しました。ケーザー社では、全社員を家族と考えています。これは、平均を大幅に上回る高い実習率、通常30年を超える従業員の長い勤続年数に表れています。さらに、当社の事業発展にもこれが反映されています。100年の間、一貫して良好な業績を上げてきました。世界的に経済危機に陥った2009年にも、当社は成長を記録しました。アンカレッジからオークランド、コーブルグ、カウアイ島まで展開するケーザー社は、ドイツと強いつながりを持つ同族経営企業です。世界全体をホームグラウンドとみなし、一貫して「優れたドイツ製」品質を提供しています。次章の革新が、もう始まります。

10. 03. 19 , 公表自由、転写歓迎

この記事の関連情報をダウンロード
Firmenansicht Hahnweg

コーブルグのハーン通りの創業地、カールケーザー通りの最初の社屋から現在の規模(写真ではその一部のみ)まで、ケーザー・コンプレッサー社は大きく成長しました。

画像のダウンロード 1 (JPG, 802 KB)
Kolbenkompressor 1948

初のレシプロコンプレッサーからレシプロコンプレッサーシリーズ、初のスクリューコンプレッサー、最新のマスター制御システムまで、継続的な革新を通じて、ケーザー社の製品とサービスは着実に成長しています。

画像のダウンロード 1 (JPG, 3.57 MB)
Kaeser Familie

ケーザー家三世代:創設者のCarl Kaeser Sr.、Carl Kaeser Jr.、Thomas Kaeserと妻のTina-Maria Vlantoussi-Kaeser。Carl Kaeser Sr.は1886年にガイスリンゲン・アン・デア・シュタイゲで生まれ、1964年に亡くなるまで息子とともに会社を率いました。工学士。Carl Kaeser Jr.は、1914年にミュンヘンで誕生しました。コーブルグで教育を受け、1937年に入社しました。1985年に入社した息子のThomasと共に、2009年に死亡するまで経営トップでした。現在の取締役会は、ThomasとTina-Maria Vlantoussi-Kaeserの構成です。

画像のダウンロード 1 (JPG, 1.00 MB)