最大23.3 m³/分(825 cfm)の発電装置

過酷な条件下でも耐えうる、将来に備えた発電装置

当社の10~20立方メートルクラスの牽引可能な可搬式コンプレッサーは、+50 °Cまでの周囲温度下でも取り扱いが簡単にでき、−10 °Cを下回る気温下でも運転できる機能が装備されています。また、先進のシステムとエンジン管理制御によって、極めて高い効率性を実現しています。つまり、環境にもお財布にも優しいコンプレッサーです。

  • 最大圧力14 bar
  • オプションの圧縮空気処理
  • オプションのGPSフリート管理

メリット

  • どこにも負けない優れた可用性と効率性:
    最先端の電子式エンジン管理が採用され、シグマ・コントロール・モバイル、またはシグマ・コントロール・スマートコントローラーにより圧縮空気の可用性と燃料消費が最大限にまで高まります。
  • 現在そして将来のために環境に優しい:
    「低排出ガスゾーンMOBILAIR」:欧州の厳しいStage IV排気ガス基準に基づいた最低ラインの汚染物質排出レベルが圧縮空気のユーザーに提供されます(M125、M171モデル)。
  • 3つのボタンの直感的操作:
    ケーザー社では、使い勝手の良い操作にとことんこだわっています。これにより、習得する時間が減り、コストのかさむダウンタイムを回避することにもつながります。

ライフサイクルコスト低減による収益向上
ライフサイクルコスト

耐久性の高いコンポーネント、簡単操作、簡単メンテナンス、未来を見据えた効率性と排出ガス性能。当社は包括的なアプローチにより、長期の収益を約束します。

 

当社のコンプレッサー発電装置の詳細

シグマ・コントロール・モバイル

未来のコンプレッサーコントローラー

シグマ・コントロール・モバイル

シグマ・コントロール・モバイルシステムは、電子式モーター管理にアクセスして、圧縮空気の可用性燃料効率最大限にまで高めます。このシステムは、電気設備の保護等級IP 65に相当する耐衝撃性及び耐振動性を有しています。
また、その機能としては、正確なシステム診断に加え、運転モニタリングも備えています。

使い勝手の良い操作性で時間を節約

誰もが直感に従って操作できます。というのも、全システムを操作するのに、3つのボタンしか必要としません。
また、自動モニタリング機能により、必要な場合はコンプレッサーを停止させることが可能です。 

正確な圧力設定で燃料を節約

シグマ・コントロール・モバイルのディスプレイにある矢印キーにより、システムの圧力を0.1 bar単位で正確に調節することができます。
これにより、自由度が増すだけでなく、電子式吸入弁コントロールを組み合わせることで大幅な省エネも実現します。部分負荷での運転時には特に顕著な効果が見られます。

新製品のM125 – 優れた出力と効率
M125シリーズ:コンパクトで、高い柔軟性とパワーを実現。

M125は、圧力の可変制御という新たな世界を開く製品です。

圧力の無段階制御により、任意の機械をいつでも6~14 barで運転できます。
M125は、圧力7 bar、流量11.5 m³/分ではブレーカー用途、圧力10 barではブラスティング作業、圧力12 bar、流量10.7 m³/分ではケーブル敷設、圧力14 bar、流量9.7 m³/分では掘削に最適です。

ヨーロッパ排出ガス基準Stage IV(Tier 4)適合の低排出ガスDeutzエンジンを備えるM125コンプレッサーは、クリーンエアゾーンでの使用に最良の選択肢です。ディーゼル微粒子フィルターを標準で装備し、最も厳しいスイス大気清浄法にも適合します。

シグマ・コントロール・モバイルコントローラーが統合されているため、容易に、直観的に機械を操作できます。さらに、このコントローラーは汎用性が高く、運転データに関する情報を提供し、メンテナンス時期が近づくと、アラートを表示します。

MOBILAIRフリート管理

GPSによって得られるリアルタイムデータ

MOBILAIRフリート管理

オプションのGPS/GSMモデム(M500-2には標準装備)をユニットに組み込むと、機械の技術的状態に関する情報をオンラインで入手できます。ユーザーに警告を与えるべき問題が発生した場合には、システムが診断を下し、問題を自発的に報告します。
システムは、現在の運転時間および位置決定の情報に加え、コンプレッサーの負荷の評価、メンテナンス計画についての貴重なデータも報告し、ユーザーをサポートします。

技術仕様

技術仕様、利用可能な製品に関する情報については、このパンフレットをご覧ください: