完全ブースターシステム:SIGMA PET AIR


メンテナンスが簡単なPET容器生産向けオールラウンドパッケージ

SIGMA PET AIR完全ブースターシステムでは、ブロー用と制御用空気の生産を1台のシステムに統合して、すぐに運転が可能です。空冷式ロータリースクリューコンプレッサーは制御用空気を生産すると同時に、ブロー用空気の前圧縮段階としても機能します。ブロー用空気ブースター、システムコントローラー、両圧力システムの圧縮空気処理構成機器がすべて、ベースフレームに設置され、すぐに運転できる状態です。

SIGMA PET AIRは、以下の性能パラメーターを実現します。

  • 最大流量2772 m³/時
  • 最高45 barのブロー用空気

SIGMA PET AIR完全ブースターシステムは、高い信頼性、コスト効果、圧縮空気品質が求められるPET容器ブロー成型機器の運転に最適です。

メリット

  • 短期納品、すぐに運転可能:
    ベースフレームに設置されているため、ユニットの設置面積を節約できるとともに、輸送と設定も簡便です。また、お客様のご要望に応じて、コンテナにSIGMA PET AIRシステム一式を装備して、すぐに運転できる状態でもお届けできます。
  • 低コストで比類ない冷却性能:
    当社ブースターのほとんどには、空冷式のアフタークーラーが装備されています。空冷ユニットでは、各クーラーにファンモーターを装備して、入口側と圧縮側の空気温度差(ΔT)を最低限に抑えるため、水冷式システムのコストを省くことができます。
  • 低メンテナンスのメリット:
    SIGMA PET AIRシステムでは圧縮段階が2段のみのため(ロータリースクリューコンプレッサーとブースター)、大気圧圧縮の多段高圧レシプロコンプレッサー比でメンテナンス需要が大幅に削減できます。

ライフサイクルコスト

すべての構成機器を最高の効率と精度で調整します。そのため、最高のコスト効果、信頼性、稼働率でPET容器製造の制御用およびブロー用空気を生産します。

 

製品の詳細

構成部品

SIGMA PET AIRシステムは、以下の5つの機器で構成されています。

SIGMA PET AIRシステムの5つの構成機器

1.省エネ設計のロータリースクリューコンプレッサー

省エネのシグマ・プロフィールは、ケーザー・コンプレッサーが開発、最適化しており、制御と処理空気生産の基礎となります。

2.高効率のブースター

ブースターをロータリースクリューコンプレッサーの性能に応じて高い精度で調整して、ブースターの圧縮比を最小限に維持するため、エネルギー効率も向上します。

3.クラス1の圧縮空気品質

SIGMA PET AIRシステムは技術的にはオイルフリーの圧縮空気を生産する一方、オイルと固体粒子の含有量をISO 8573-1に準じてクラス1未満に高い信頼性で維持します。

4.完全なエアーレシーバーパッケージ

エアーレシーバーには、高圧と低圧のいずれにも電子式ドレン排出など必要な継ぎ手一式が装備されています。

5.自動制御

メインコントロールキャビネットには、KAESER CONTROL監視制御ユニットのほか、ブースターコントローラー(スターデルタ)、全ドライブのヒューズが装備されています。

技術仕様

技術仕様は本パンフレットをご覧ください。