圧縮空気吐出空気量1.17~154.53 m³/分の熱なし再生吸着式ドライヤー

高い効率と信頼性で−70 °Cまでの圧力下露点を達成

DCシリーズの強力な吸着式ドライヤーには小型から大型までのモデルが揃っており、いずれもメンテナンスコストと運転コストを極めて低く抑えるほか、最も過酷な運転条件にも容易に対応します。特に、最低限の再生空気要件省エネ型のエコ・コントロールコントローラーにより、投資コストを短期間で償却できます。

  • 圧力下露点-70 °Cまで
  • 流量1.17~154.53 m³/分
  • 画期的な傾向検出圧力下露点制御を備えたエコ・コントロール・ベーシックまたはエコ・コントロール(Eパックオプション)
  • オプションでACT活性炭吸着装置と組み合わせると、実質オイルフリーの圧縮空気に処理して、最高に厳しい要件にも適合

メリット

  • 低い運転コスト:
    DC 12モデルとその上位の吸着式ドライヤーは、再生空気要件が極めて低いのが特長です。これは、高品質の乾燥材でフロー動態を最適化することで達成されます。さらに、吸着プロセスで発生した熱は再生プロセスに導入されます。
  • 省エネのインテリジェントな制御:
    DCの「Eパック」仕様に含まれるエコ・コントロールコントローラーは、負荷の影響を受けず、極めて信頼性の高い傾向検出により圧力下露点を制御するため、最大限のエネルギー節減を達成します。
  • 低コストのサービスとメンテナンス:
    DCドライヤーは高品質で耐久性の高い構成機器で製造されています。入口、出口、フィルターハウジングにはアクセスしやすく、サイレンサーの清掃時には分解できるため、作業が極めて容易です。

完璧なパートナー:アクアマットオイル/水分離器
アクアマット凝縮水処理システム

ケーザー社のヒント:アクアマットオイル/水分離器を使うと、公共廃水システムに排出する前に、凝縮水を高いコスト効果で法定基準を満たすよう処理できます。

 

製品の詳細

活性炭吸着装置と組み合わせ
活性炭吸着装置装備のDCドライヤー

DC 12とその上位のドライヤーには、出力に最適化したACT活性炭吸着装置が装備されています。そのため、最も厳しい基準(濃度0~0.01 mg/m³)に適合するオイルフリー圧縮空気を生成できます。
DC 133とその下位のコンパクト吸着式ドライヤーのフレーム設計には、ACT活性炭吸着装置を容易に接続できます。

構造と機能
DCシリーズ吸着式ドライヤー:設計
  1. プレフィルター
  2. 吸入弁
  3. 乾燥タンク
  4. 乾燥剤
  1. 逆止弁、調整弁(不可視)
  2. 乾燥タンク
  3. 微粒フィルター
エコ・コントロール - 傾向検出による露点制御
エコ・コントロール:傾向認識による圧力下露点調節
  1. 温度センサー

エコ・コントロールは、流量、圧力、温度パラメーターを可変制御することにより、エネルギー消費を大幅に低減します。傾向認識露点制御は、従来の露点制御コンセプト比でコストを抑え、信頼性を高めます。

  • この制御では、乾燥材の温度差変動に反応します。つまり、ドライヤーの排気口で圧縮下露点の上昇にシステムが反応するよりも、はるかに早く反応します。
  • 各サイクルで、新たな測定値と相対的な温度差が比較されます。
  • 乾燥材を能力の最大限まで使用してからチャンバーを切り替えるため、負荷によっては各乾燥時間を最大30分まで延長でき、再生空気の節約につながります。
  • ケーザー社のシステムでは、高価な圧力下露点測定装置が不要になるだけではなく、
  • 定期的な較正とメンテナンスの費用も削減します。
  • 圧力下露点測定装置とは異なり、温度センサーは高い信頼性で回路の断線を監視するため、容易に確認できます。

技術仕様